マドリッド協定に基づく商標の国際登録の実施のための措置

发表时间:2020-06-02    浏览次数:852

(2003年4月17日に国家商務局により発行された) 

第1条これらの措置は、これにより、中華人民共和国の商標法の実施規則(以下、規制の実施)。
実施規則の第12条に規定されている標章の国際登録は、標章の国際登録に関するマドリッド協定(以下、マドリッド協定といいます)、国際登録に関するマドリッド協定に関する議定書に基づく標章の国際登録を指します。マークの国際登録に関するマドリッド協定とその協定に関連する議定書(以下、コモンレギュレーションと呼ぶ)に関する標章(以下、マドリード議定書と呼ぶ)とコモンレギュレーション。
第2条これらの措置は、中国を原産国とする商標の国際登録の申請、および中国への領土拡大を指定する申請およびその他の関連する申請に適用されるものとします。
これらの措置は、マドリッド制度以外の経路による外国での商標の登録には適用されません。出願人は、商標代理店、外国の代理人、法律事務所またはその支店に登録の取り扱いを委託することができます。案件。

第3条中国を原産国とする商標の国際登録を申請する当事者は、中国に実在する効果的な産業または商業施設を有するか、中国に居住するか、または中国国民である必要があります。

第4条いずれかの当事者が、これらの措置の第3条に基づいて提供される商標の国際登録の資格があり、その商標が国務院の商取引行政当局の商標庁に登録されている場合(以下、商標局)として、彼またはそれは
マドリード合意に基づく商標の国際登録を申請することができます。
いずれかの当事者がこれらの措置の第3条に基づいて提供される商標の国際登録の対象であり、その商標が商標庁に登録されているか、商標登録の申請が商標庁に提出されている場合、または、マドリッド議定書に基づく商標の国際登録を申請する場合があります。

第5条商標の国際登録を申請する当事者は、商標庁を通じて問題に対処するものとする。
それにより、出願人または認可された商標代理店は、直接、直接、または商標庁に出願することができます。

第6条マドリッド協定に基づく商標の国際登録のその後の指定、放棄または取消しなどの事項に関して申請を提出する当事者は、商標庁を通じてその問題に対処するものとする。そのような事項に関して申請を提出する当事者割り当て、商品またはサービスの削減、登録者の名前または住所の変更、代理人の名前または住所の変更、またはマドリッド合意に基づく商標の国際登録の更新は、商標庁を通じて問題に対処できるためまたは直接、世界知的所有権庁の国際事務局(以下、国際事務局と呼ぶ)に連絡してください。
その後の指定、譲渡、商品またはサービスの削減、標章の放棄またはキャンセル、登録者の名前または住所の変更、代理人の名前または住所の変更、または更新に関する申請を提出する当事者は、マドリッド議定書に基づく商標の国際登録は、商標局を通じて、または直接国際事務局で問題に対処することができます。
商標庁を通じて問題に対処することにより、出願人または認定商標代理店は、商標局に直接、または商標局に申請書を提出することができます。
これにより、国際事務局で問題を処理する場合、申請者または認定商標機関は、国際事務局に申請を提出するか、国際事務局に申請を投稿できます。

第7条商標局を通じて商標の国際登録を申請したり、その他の関連事項を処理したりする当事者は、国際事務局が作成した英語またはフランス語のフォームに記入するか、商標局が作成した中国語のフォームに記入することができるが、彼は商標局に翻訳料を支払うものとする。
コモンレギュレーションで提供される手数料に加えて、商標の国際登録を申請したり、その他の関連事項を扱う当事者は、商標庁に手続き手数料を支払うものとします。

第8条標章の国際登録の申請者が自然人である場合、彼は中国人の名前を示さなければならない。申請者が法人またはその他の組織である場合、その中国名を完全に表示するものとします。
自然人、法人、またはその他の組織が自分またはその名前の外国語での同等の翻訳がある場合、彼またはそれは外国語で名前を示す場合があります。彼またはそれが外国語で彼またはその名前の翻訳がない場合、彼またはそれは中国語の表音アルファベットで彼またはその名前を示すものとします。

第9条申請者は、標章、電話番号、およびファクシミリ番号の国際登録申請書に、住所を完全に(住所および郵便番号を含む)明記するものとする。

第10条標章の国際登録の申請は、1種類の商品またはサービス、または2種類以上の商品またはサービスを指定することができる。

第11条商標の国際登録を申請する場合、申請者は以下を提出するものとします。

(i)中国での商標登録証明書のコピー、または商標庁が発行した商標登録申請受理通知のコピー。 
(ii)優先権が主張されている場合の優先権証明書。
(iii)事業許可書のコピー、居住証明書または身分証明書などの申請者の資格証明書; 
(iv)代理店が任命された場合の委任状;
(v)標章の複製の2つのコピー。そのサイズは、80mm x 80mm未満、20mm x 20mmを超えるものとします。 
第12条商標庁が商標の国際登録の申請を受理した日が出願日となる。 
規定どおりに記入されていない商標の国際登録申請書は返却され、その出願日は保持されません。
出願が形式上の要件を実質的に満たしているが、修正が必要な場合、商標庁は出願人またはその代理人に通知の受領日から15日以内に修正を行うよう通知するものとします。商標庁の利害関係者に関する修正通知の送達日は、通知が掲示されている場合、利害関係者がそれを受領した消印が示す日付とする。消印で示される受領日が判読できない場合、または消印がない場合、通知は、文書の送信日から15日後に当事者に送達されたと見なされます。補正を怠った場合は、申請の放棄とみなされ、商標庁は書面で申請者に通知するものとします。
商標の国際登録出願または商標庁を通じて取り扱われるその他の出願に手数料が必要な場合、関連手数料の支払いは、商標からの通知の受領日から15日以内に商標庁に行われるものとします。手数料の支払いに関する事務。商標庁の利害関係者への支払通知の送達日は、通知が掲示される場合、利害関係者が通知を受け取る消印が示す日付とする。支払いを怠った場合は、申請の放棄とみなされ、商標庁は書面で申請者に通知するものとします。

第13条商標庁が国際局に職権で中国への領土延長を求める申請を却下するよう通知した場合、商標庁はこれ以上却下を国際局に確認しないものとします。

第14条世界知的所有権機関による国際マークの発行後の月の最初の日から3か月以内であれば、いずれの当事者も、当該官報に掲載された中国への領土拡張を求める申請に対して商標庁に異議を申し立てることができる。 。
異議申立の申請には、1つのクラスの商品またはサービス、または2つ以上のクラスの商品またはサービスが含まれる場合があります。
異議申立人が異議申し立てを取り下げる場合、商標局は異議申し立て手続きを終了し、利害関係者に書面で通知しなければならない。

第15条団体標章または証明標章の中国への領土拡大を要求する出願人は、商標代理店を通じて、また関連規定に従って、商標局に、主題の資格証明書を提出しなければならない。世界知的所有権機関の国際事務局の国際登録簿にマークが登録された日から3か月以内のマークおよびその他の認証書類。
対象者の資格証明書、およびマークの使用に関する規制およびその他の認証文書が3か月以内に提出されない場合、商標局は、領域の延長を要求する団体または認証マークの申請を拒否するものとします。

第16条譲渡人が法律に従ってaの譲渡を申請できない場合は?同一または類似の商品に関する彼またはそのすべての同一または類似のマークの一括、商標局は登録者に通知しますか?通知の受領日から30日以内に状況を修正するためのマークの国際登録。制限時間の満了時に状況が是正されない場合、商標庁は当該割り当てが中国では無効であると判断し、国際事務局にそれを宣言するものとします。商標庁の宣言に不満のある利害関係者は、商標庁による宣言の受領日から30日以内に人民法院に訴訟を起こすことができます。時間制限の満了時に訴訟が起こされない場合、

削除または削減が中国で施行されている商品またはサービスの分類の要件に準拠していない場合、商標局は削除の削減が中国では無効であると判断し、国際事務局に申告します。商標庁による宣言に不満のある利害関係者は、商標庁による宣言の受領日から30日以内に人民法院に訴訟を起こすことができます。制限時間の満了時に法的手続が開始されない場合、商標庁の決定が有効となり、決定の発効日は決定が行われた日付です。

第17条中国の領土で国際登録の彼またはその商標を使用することを他の当事者に許可する当事者は、商標法およびその実施規則に従って問題を処理するものとします。

第18条中国への領土拡張を要求する申請者が、中国で登録された商標を国際登録の商標またはその商標に置き換えた場合、商標の国際登録は、中国で取得された商標の登録の権利に影響を与えないものとします。
早期の国内登録のために商標庁の商標登録登録簿に入力した国際登録の代用を要求する当事者は、商標代理店を通じてこれを行い、必要な手数料を支払うものとします。

第19条中国で保護されている国際登録の商標が商標法第41条に規定されている状況に該当する場合、商標の所有者または利害関係者またはその他の当事者は、状況に応じて、商標審査に適用することができます。紛争の裁定、または中国で保護されている当該商標の取り消しに関する裁定のための裁定委員会。判決の申請は、中国における商標の拒絶の期限の満了後に提出されなければならない。

第20条中国での商標の国際登録の保護を指定する当事者は、商標の拒絶の期限の満了日を定めて、商標庁に、商標局にその証明書の発行を申請するように任命することができる。そのマークは中国で保護されています。

第21条これらの措置は2003年6月1日に発効するものとし、1996年5月24日に州産業貿易管理局によって発行されたマドリッド協定に基づく商標の国際登録の実施に関する措置は同時に廃止されるものとする。
©2016 BEIJING ZBSD PATENT & TRADEMARK AGENT LTD. 版权所有 京ICP备19005620号  网站建设:君策科技