「特許優先審査管理弁法」は8月1日から施行する。

发表时间:2017-08-04    浏览次数:278

国家知識産権局が最近公布したのです。

《特許優先審査管理弁法》

8月1日から正式に施行されます。

新しい「弁法」は、優先審査の適用範囲を拡張し、実質審査段階の特許出願、実用新案及び意匠特許出願、及びこれらの3つの特許出願の再審及び3つの特許無効宣告事件をカバーする。優先審査の適用条件を充実させ、優先審査の適用を豊かにした場合。さらに優先審査の手続きを簡略化する。優先審査の処理手順は、いくつかの事由により優先審査手続を停止し、一般出願による処理の具体的状況を規定している。

新しい「方法」によって、国の重点産業や製品の更新速度が速いなどの状況にかかわる場合、優先審査を請求することができるという。


国家知的所有権局令

第七十六号


「特許優先審査管理弁法」はすでに局務会の審議が可決されました。これを公布し、2017年8月1日から施行します。


局長  申長雨 

2017年6月27日

専利優先審査管理弁法

第一条産業構造の最適化とアップグレードを促進するために、国家知的財産権戦略の実施と知的財産権強国の建設を推進し、サービスイノベーション駆動の発展を促進し、特許審査手順を完備させ、「中華人民共和国特許法」と「中華人民共和国特許法実施細則」(以下、特許法実施細則という)の関連規定に基づき、本弁を制定する。

第二条次の特許出願又は案件の優先審査には、この弁法を適用する。

(一)実質審査段階の特許出願。
(二)実用新案及び意匠特許出願。
(三)発明、実用新案及び意匠特許出願の再審。
(四)発明、実用新案及び意匠専利の無効審判。
国家知的財産権局が他の国又は地域の特許審査機関と締結した二国間又は多国間協議に基づいて優先審査を行う場合、関連規定に基づき処理し、本弁法を適用しない。
第三条次の各号のいずれかに該当する特許出願又は特許再審事件があり、優先審査を請求することができる。
(一)省エネ?環境保護、次世代情報技術、生物、ハイエンド装備製造、新エネルギー、新材料、新エネルギー自動車、知能製造などの国家重点発展産業に関連する。
(二)各省級と区を設ける市級人民政府が重点的に奨励する産業に関連する。
(三)インターネット、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの分野に関連し、技術または製品の更新速度が速い;
(四)特許出願人又は再審査請求人はすでに実施準備が整っているか又はすでに実施を開始しているか、又は他人が発明創造を実施していることを証明する証拠がある。
(五)同じ主題について初めて中国で特許出願をし、また他の国又は地域に出願した当該中国初出願。
(六)その他は国家の利益又は公共の利益に重大な意義を有し、優先的に審査する必要がある。
第四条次のいずれかの無効宣告事件があり、優先審査を請求することができる。
(一)無効宣告事件に係る特許に対して侵害紛争が発生した場合、当事者は地方知的財産権局に対して処理を要請し、人民法院に対して仲裁調停組織に仲裁調停調停を申し立てた。
(二)無効宣告事件に係る特許は、国家の利益又は公共の利益に重大な意義を有する。
第五条特許出願、特許覆審事件に対して優先審査請求を提出する場合は、全体の出願人又は全体の再審査請求人の同意を得なければならない。無効審判事件に対して優先審査請求を提出する場合は、無効宣告請求者又は全体の特許権者の同意を経なければならない。
係争中の専利侵害紛争を処理し、審理する地方知識産権局、人民法院又は仲裁調停組織は、無効宣告事件に対して優先審査請求を提出することができる。
第六条特許出願、特許再審事件、無効宣告事件について優先審査を行う数量は、国家知的財産権局が異なる専門技術分野の審査能力、前年度特許の授権量及び本年度の審問待ち事件の数等に基づいて確定する。
第七条優先審査を請求する特許出願又は特許覆審事件は、電子出願方式を採用しなければならない。
第八条出願人が発明、実用新案、意匠特許出願の優先審査請求を提出する場合は、優先審査請求書、先行技術又は既存の設計情報資料及び関連証明書を提出しなければならない。本弁法第三条第五項の場合を除き、優先審査請求書は国務院関連部門又は省級知的所有権局が推薦意見に署名しなければならない。
当事者が専利の再審、無効宣告案件の優先審査請求を提出する場合は、優先審査請求書と関連証明書を提出しなければならない。実質審査又は予備審査手続において優先審査を行った特許再審事件を除き、優先審査請求書は国務院関連部門又は省級知的所有権局が推薦意見に署名しなければならない。

地方知的財産権局、人民法院、仲裁調停組織が無効宣告事件の優先審査請求を提出する場合、優先審査請求書を提出し、理由を説明しなければならない。
第九条国家知識産権局は優先審査請求を受理し、審査意見を優先審査請求者に通知しなければならない。
第十条国家知識産権局が優先審査を行うことに同意した場合、同意の日から、以下の期限内に解決しなければならない。
(一)特許出願は四十五日以内に第一回の拒絶理由通知書を発行し、一年以内に解決する。
(二)実用新案及び意匠特許出願は二ヶ月以内に結審する。
(三)専利再審事件は7ヶ月以内に解決する。
(四)発明及び実用新案特許無効宣告事件は5ヶ月以内に結審し、意匠特許無効宣告事件は4ヶ月以内に結審する。
第十一条優先審査の特許出願については、出願人は速やかに回答又は補正をしなければならない。出願人が特許の拒絶理由通知書に回答する期限は通知書の発行日から二ヶ月であり、出願人が実用新案及び意匠特許の拒絶理由通知書に回答する期限は通知書の発行日から十五日とする。
第十二条優先審査の特許出願については、次の各号のいずれかがある場合、国家知的財産権局は、優先審査手続を停止し、通常の手順に従って処理し、速やかに優先審査請求者に通知することができる。
(一)優先審査要求が同意を得た後、出願人は特許法の実施細則第五十一条第一、第二項に基づいて出願書類に修正を提出する。
(二)申請者の回答期限が本弁法第十一条に規定する期限を超えた場合。
(三)申請者が虚偽の資料を提出する。
(四)審査過程において、非正常特許出願であることが発見された。
第十三条優先審査の特許再審又は無効宣告事件については、次の各号に掲げる事由の一つがある場合、特許再審委員会は、優先審査手続を停止し、通常の手順に従って処理し、速やかに優先審査請求者に通知することができる。
(一)再審請求者の返事の延期;
(二)優先審査要求が同意を得た後、無効宣告請求者が証拠と理由を補充する。
(三)優先審査要求が同意を得た後、特許権者は削除以外の方法で特許請求の範囲を修正する。
(四)特許の再審又は無効宣告手続が中止された場合。
(五)事件の審理は他の事件の審査の結論に依存する。
(六)難事件、そして特許覆審委員会主任の承認を経ます。
第十四条弁法は国家知識産権局が解釈に責任を負う。
第15条この弁法は2017年8月1日から施行する。2012年8月1日から施行された「特許出願優先審査管理弁法」は同時に廃止される。


©2016 BEIJING ZBSD PATENT & TRADEMARK AGENT LTD. 版权所有 京ICP备19005620号  网站建设:君策科技