「知的財産権認証管理弁法」政策解読

发表时间:2018-06-04    浏览次数:291

「中国共産党中央国務院の品質向上活動に関する指導意見」(中発〔2017〕24号)、「国務院の品質認証体系の強化に関する全面的な品質管理促進に関する意見」(国発〔2018〕3号)を徹底するため、2018年2月11日、国家認証委員会、国家知識産権局が共同で「知的財産権認証管理弁法」を発表した(2018年)。第5号公告(以下、「管理弁法」という)は、知的財産権認証活動を全面的に規範化し、知的財産権認証の有効性を高め、認証機関の事後管理を強化することを目的とする。「管理弁法」の登場はわが国の革新型国家建設と品質強国建設の具体的な取り組みを実行し、わが国の経済社会の発展に必要な知的財産権認証体系の構築を推進するために重要な法規と政策根拠を提供した。

2013年11月、国家認定監督委員会、国家知識産権局が共同で「知的財産権管理体系認証実施意見」(国認可連合[2013]56号)を発行した(以下、「実施意見」という)。2017年末までに、累計8127社の企業が知的財産権管理体系を通じて認証し、全国29の省市をカバーしています。調査統計によると、99.2%は知的財産権管理体系が効果的に企業の革新能力を向上させ、企業が市場で競争優位を獲得するのに有利であると証明した。76.16%は企業の戦略高度に知的財産権管理を上昇させ、研究開発の方向と経営戦略を統一的に調整した。58.2%は知的財産権管理体系の確立が企業の創造を加速させるのに役立つと証明した。新収益実践によって、企業の知的財産権管理体系の認証はすでに企業内部の管理水準を全面的に高め、外部の競争力を獲得する重要な手がかりとなりました。企業の革新的な発展を促進し、企業の核心競争力を高め、供給側の構造的な改革を推進し、革新的な国家を建設するなどの面で重要な役割を果たしました。しかし、中国の社会経済の急速な発展に伴って、「実施意見」はすでに新しい情勢の要求に適応しなくなりました。

一、「管理弁法」制定の必要性
(一)中国の知的財産権事業の高品質発展を推進する必要
党の19大報告は、中国の経済はすでに高度成長段階から高品質発展段階に転向しており、「革新文化を提唱し、知的財産権の創造、保護、運用を強化する」と強調した。中国の知的財産権事業の高品質発展を推進するために、知的財産権分野の認証制度を確立し、健全化し、革新主体の知的財産権の創造品質、運用効果、保護効果と管理水準を全面的に向上させるためには、「管理弁法」を通じて、単一の知的財産権管理体系の認証を管理システム、サービス認証の2種類の知的財産権認証体系をカバーするために拡張する必要がある。企業、大学、科学研究機関向けの主要な革新主体に関する知的財産権認証の「完全カバー」の実現を加速する。


(二)国家認証認可に関する法律法規の改訂の必要に適合する


「認証認可条例」、「認証機関管理弁法」などの上位法の改正と再発行に伴い、「実施意見」の一部規定は新たな要求に合致しなくなりました。「管理弁法」の形式を通じて、「実施意見」の主要内容を修正し、上位法の要求に適合させる必要があります。


(三)国家の「放管服」改革業務の徹底


国務院の「放管服」の改革要求を徹底的に実行するために、革新能力の建設と全面的な品質管理をめぐって2つの重点任務を強化し、知的財産権分野に認証認可手段を導入し、政府サービスを最適化し、事件の事後監督?管理を強化し、知的財産権管理体系と管理能力の近代化を推し進める必要がある。具体的には、認証市場をさらに開放し、市場の活力を引き出し、技術力が強く、サービスレベルが高い知的財産権認証機関の発展を奨励する。二、認証の有効性を維持し、認証公信力を確立し、認証機関と従業員の専門性要求を強化する。康、公平、秩序ある認証市場秩序。

二、主な内容

「管理方法」は以下の6つの方面の内容を含みます。

(一)仕事の原則

知的財産権認証は、国家認証委員会と国家知的財産権局が実施しており、統一管理、分業協力、共同実施の原則に基づき、知的財産権事業の発展の実際の需要に応じて、適切な知的財産権分野の国家規格を認証根拠として選択し、知的財産権認証リストを作成、調整、発表し、知的財産権認証ディレクトリを組織して展開しています。財産権分野の認証業務。

(二)認証機関の資格要求

認証機関の資格要求は汎用性の要求と専門性の要求に分けられます。汎用性の要求は、「認証認可条例」、「認証機関管理弁法」の関連規定に適合していると同時に、知的財産権分野に従事する認証機構は、「知的財産権認証活動に従事する関連専門能力の要求」の専門的要求に適合していなければならないことを明確にしている。

(三)認証審査員の要求

認証審査員は「知的財産権認証活動に従事するために必要な関連知識と技能の要求を満たす」とし、国家認証人員の資格に関する要求を満たすべきである。認証審査員は専任制を実行する。

(四)認証機関及び支店機構の行為規範

一つはブランチ機構及びサービス機構に対する管理を強化することである。認証機関が支店機構、事務機構を設立する場合、設立日から30日までに国家認定監委と国家知的所有権局に関連情報を報告しなければならない。認証機関の主体的な責任を強化すること。認証機関は、支店機構に対して有効な管理を実施し、その支店機構の認証業務活動に対して相応の責任を負わなければならない。第三に、認証機関と認証者は認証結果に対して責任を持ち、相応の法律責任を負う。第四に、認証機関はリスク予防メカニズム、人員管理制度及び機構内部管理、制約、監督及び責任メカニズムを確立しなければならない。五、認証機関の職責範囲を明確にし、認証機関がその認証業務に関するコンサルティング、代理、トレーニング、情報分析などのサービス、及び製品開発とマーケティングなどの活動を禁止する。

(五)認証プログラム

一つは、認証機関が認証基本規範、認証規則に規定されたプログラムに従って認証活動を実施することを要求し、認証プロセスが完全で、客観的で、真実であり、プログラム要求を増加、減少、または遺漏してはならない。第二に、認証機関は信用喪失または違法企業に認証証明書を発行してはいけないと規定しています。すなわち、知的財産権行政管理部門または他の部門により営業整備を命じられた場合、または国家信用情報喪失主体名簿に組み入れられた場合。第三に、認証機関が認証プロセスを完全に記録し、相応の認証資料を保留することを要求する。四、監督審査の具体的な要求を明確にすること。毎回監査監査内容は初回認証と同じではないが、認証証明書の有効期限内にシステムの全部の要素をカバーしなければならない。

(六)監督管理

一つは国家レベルの監督管理を明確にすることである。国家認定監督管理委員会は国家知識産権局と連携して知的財産権認証監督管理協同機構を設立し、知的財産権機構及びその認証活動に対し監督検査を実施する。第二に、地方レベルの監督管理を明確にすることです。地方認証監督管理部門、地方知的財産権行政管理部門は、所轄区域内において、それぞれの法定職責に基づき、相応の監督?協力メカニズムを確立し、監督?検査を実施し、違法行為を調査する。第三に、認証機関の資格審査過程において、虚偽を行い、真実を隠し、または継続的に認証機関の資格条件を満たすことができないなどの行為であり、資質を取り消す。情報公開を強化し、社会監督の役割を果たすこと。認証機関は、そのウェブサイトまたは他の形式を通じて認証証明書の有効性情報を公衆に提供することを要求する。


三、関連事項の説明

(一)認証機関の資格要求

1.資格要求

(1)共通性要求

共通性の要求は「認証認可条例」第10条及び「認証機関管理弁法」第8条の関連規定であり、具体的には以下の5つの方面である。1つは法人資格を取得すること、2つは固定的な事務所と必要な施設である。3つは認証認可要求に適合する管理制度である。4つは登録資本金が人民元300万元を下回ってはならない。5つは10名以上の相応する。分野の専任認証者です。

(2)専門的な要求

「管理弁法」第11条に記載の専任認証者の専門的な要求は以下の通りである。1つは上記10名以上の該当分野の専任認証者は、自発的認証分野のカタログと資格審査要求をカバーしなければならない。関連する専門能力の要求、すなわち少なくとも1名の認証規則と認証方案の制定者、少なくとも6名の認証審査員、少なくとも1名の認証決定或いは再審査人員、3つは特許代理人資格が「知的財産権認証活動に従事する関連専門能力の要求を有する」という証明根拠とすることができる。

2.承認手順

認証機関資格審査手順は「認証機関管理弁法」第9条の関連規定に従って実行する。認証機関の申請者は国家認証委員会に申請を提出し、上記の「資格要求」に該当する申請資料と証明書を提出し、その真実性、有効性、合法性に対して責任を負うべきです。認証機関の資格審査手順は「国家認定監督管理委員会(国家認定監督管理委員会)」に参照してください。

www.cnca.gov.cn

)—サービスホール—行政許可項目—認証機関設立承認」。

3.申請資料

認証機関の資格申請に必要な資料は「国家認証監督管理委員会(国家認証監督管理委員会)」に参照してください。

www.cnca.gov.cn

)—サービスホール—行政許可項目—認証機関の設立承認—申請資料目録—認証機関の設立資料要求」。

4.処罰規定

認証機関が資格審査過程において虚偽を行い、真実を隠したり、認証機関の資格条件を持続的に満たしていないなどの行為が発生した場合、国家審査委員会は「認証機関管理弁法」第36条の関連規定に基づき、却下または承認せず警告を与え、また申請者が1年以内に再度申請してはならない処理を行う。継続的に認証機関の資格条件を満たすことができない場合、国家認定監督委員会は、「認証機関管理弁法」第31条の関連規定に基づき、利害関係者の要求または職権に基づき、その資質を取り消す。

(二)審査員の認証

「管理弁法」第11条は認証審査員の関連要求を規定している。

1.資格の要求

(1)共通要求

中国認証認可協会が発表した「管理体系審査員登録準則」(CCAA-10-1-2)第二章の共通要求に従って執行する。

(2)特定要求

認証審査員は、「知的財産権認証活動に従事するために必要な関連知識と技能の要求を満たす」という具体的な要求と認証機関の専門的要求、すなわち認証審査員が特許代理人資格を持っていることを「知的財産権認証活動に従事するために必要な関連知識と技能の要求を満たす」と見なすべきである。具体的には、「管理体系監査員登録準則」(CCAA-10-1-2)付録A.10を参照してください。

2.専門職の要求

「管理弁法」第11条の規定により審査員は「専任認証者」とする。国家認定監督委員会の規定により、以下の条件を満たす者は認証機関の専任者と認定することができる。

第一に、認証機関と労働関係を結び、労働契約を締結する従業員である。社会保険の納付単位は認証機関、認証機関の支店機構または認証機関に委託された人的資源サービス機構である。

第二に、認証機関が再採用した認証者登録資格を有する退職者と企業?事業単位の退職者である。正式に退職または早期退職した人は、退職証明書及び認証機関と締結した雇用契約または労務契約を提供します。退職前の所在単位または単位の人事部門が確認した証明及び認証機関と締結した雇用契約または労務契約を提供します。

第三に、認証機関の出資者が事業単位の場合、出資者が認証機関に勤務する事業編制者を任命する。認証機関の出資者が事業作成証明書を提供する。

3.処罰規定

認証審査(審査)人員が認証活動に従事する過程で専任の要求に合致しない場合、国家認定監督委員会は「中華人民共和国認証認可条例」第六十三条の規定に基づいて処罰する。すなわち「認証者は認証活動に従事し、認証機関に勤務しない、または同時に二つ以上の認証機関に勤務しない場合、是正を命じ、執行停止を6つ与える。月以上2年以下の罰則を改正しない場合は、その営業資格を取り消す。(中国知的所有権局網から)

©2016 BEIJING ZBSD PATENT & TRADEMARK AGENT LTD. 版权所有 京ICP备19005620号  网站建设:君策科技