中華人民共和国の不正競争防止法

发表时间:2020-06-02    浏览次数:839

(1993年9月2日の第8回全国人民代表大会常任委員会の第3回会合で採択。1993年9月2日、中華人民共和国大統領令第10号により公布。1993年12月1日発効)
第I章一般規定

第1条この法律は、社会主義市場経済の健全な発展の保護、公正な競争の奨励と保護、不公正な競争行為の防止、および事業者と消費者の合法的な権利と利益の保護を目的として策定されました。 。

第2条オペレーターは、市場での取引において、自主性、平等、公平性、誠実性および信頼性の原則に従い、一般に認められている企業倫理を遵守するものとします。
この法律における「不公正な競争」とは、この法律の規定に違反し、他の事業者の合法的な権利と利益を損ない、社会経済秩序を乱す事業者の行為を指します。
この法律における「オペレーター」とは、商品の取引または営利サービスに従事する法人またはその他の経済組織または個人を指します。(以下「商品」にはサービスが含まれます。)

第3条様々なレベルの人民政府は、不公正な競争行為を防止し、公正な競争のための好ましい環境と条件を作り出すための措置を講じなければならない。
郡レベル以上の人民政府の産業および商業の行政当局は、不当な競争行為を監督および検査するものとします。さまざまな法律および行政規制の規定に従い、他の部門による監督および検査の対象となる行為については、これらの規定を遵守するものとします。

第4条国家は、不公正な競争行為に対する社会的監督を行う際に、すべての組織および個人を奨励、支援、保護する。 
国家機関の職員は、不公正な競争行為を支援または隠蔽してはならない。

第二章 不公正な競争の行為

第5条オペレーターは、市場での取引に持ち込み、競争相手に損害を与えるために、以下の不公正な手段を採用してはなりません。
(1)他人の登録商標を偽ること。
(2)既知の商品に固有の名前、パッケージ、または装飾を許可なく使用したり、既知の商品に類似した名前、パッケージ、または装飾を使用したりして、彼の商品を有名な商品と混同する他の人、買い手がそれらを他の人の有名な商品と間違えさせる;
(3)他人の商号または個人名を自分の商品に無断で使用し、他人の商品と誤解させる。
(4)彼の商品に、認証のシンボルや有名で高品質な商品のシンボルなどの品質のシンボルを偽造または誤って使用し、彼の商品の起源を偽造し、その商品の品質について誤解を招く虚偽の表示をすること品。

第6条公営企業または法律に基づく独占的地位を有する他の事業者は、他の事業者が公正に競争することを排除するために、他の事業者が指定した事業者の商品を購入することを制限してはならない。

第7条政府とその下位部門は、行政機関の権限を乱用して、他者が指定した事業者の商品の購入を制限し、他の事業者の合法的な事業活動を制限することはできません。 
政府とその下位部門は、国の他の部分から地元の市場への商品の進入、または国の他の部分の市場への地元の商品の流れを制限するために行政権を乱用してはなりません。

第8条事業者は、商品の売買にお金、贈答品、またはその他の手段を使用して贈収賄を行うことはできません。事業者が本で説明されていないエンティティまたは個人であっても、相手に秘密裏にリベートを支払う場合、賄賂を提供したことで罰せられるものとします。他方の当事者が、それが実体であれ個人であれ、帳簿に記載せずに秘密裏にリベートを受け入れる場合、賄賂を受け取ったとして罰せられるものとします。
商品の販売または購入において、オペレーターは相手に割引を提供し、仲介人に手数料を支払う意思を明確に示すことができます。オペレーターが相手に値引きをして仲介人に手数料を支払う場合は、実際に帳簿に記入しなければならない。割引またはコミッションを受け入れるオペレーターは、実際にそれを本に入力する必要があります。

第9条事業者は、商品の品質、構成、性能、使用、製造者、耐用年数、出所などについて、虚偽の誤解を招く宣伝を行うために広告またはその他の手段を使用することはできません。
広告運営者は、彼が明らかに認識している、または認識しているべきである虚偽の表現を含む広告の代理人、または設計、制作、リリースを行ってはなりません。

第10条事業者は、事業秘密を侵害するために次の手段を採用することはできません。
(1)権利の所有者から、盗み、利益の約束、強制またはその他の不適切な手段による事業秘密の取得。
(2)前号の方法により取得した権利者の営業秘密を他人に開示、利用または利用を許可すること。
(3)契約を破るか、ビジネスの秘密を信頼して保持する権利の所有者の要件を無視することによって取得したビジネスの秘密を他者に開示、使用、または使用を許可する。
第三者が前項に記載の違法行為を明らかに知っている、または完全に認識している場合に第三者の企業秘密を取得、使用、または開示する場合、その第三者は他者の企業秘密を侵害したとみなされるものとします。 
本条における「業務上の秘密」とは、権利の所有者に経済的利益をもたらすことができ、実用性があり、権利の所有者が秘密を守る措置を講じた、公に知られていない技術情報および運用情報を意味する。

第11条運営者は、競争相手を除外する目的で、原価を下回る価格で商品を販売することはできません。
以下の行為は、不公正な競争行為を構成するものではありません。
(1)生鮮品または生鮮品の販売。
(2)耐用年数が近づいている商品またはその他の過剰在庫商品の処分。
(3)季節ごとに価格を下げる。
(4)借金の返済、生産ラインの変更、または事業の終了のために、割引価格で商品を販売する。

第12条オペレーターは、商品の販売において、購入者の希望に基づいて提携販売を行ったり、その他の不合理な条件を付けたりすることはできません。

第13条運営者は、賞品を添付して以下の種類の販売を行うことはできません

(2)賞品を提供することにより、劣るが高価な商品の販売を促進する。
(3)最高賞金が5,000元(RMB)を超える宝くじの形で賞品を添付して販売する。

第14条オペレーターは、虚偽を口にしたり広めたりして、競合他社の信用や商品の評判を損なうことはできません。

第15条入札者は、入札価格を上下させるために、互いに共謀して入札を提出することはできません。
入札者は、競争相手を公正な競争から除外するよう入札者を招待する当事者と協力してはなりません。

第III章 監督と検査

第16条郡レベル以上の監督と検査当局は、監督を行い、不公正な競争行為の検査を実施することができる。

以上の監督を行使し、不正競争行為の検査を行う際に第17条、監督及び検査当局は、以下の機能と権限を行使する権利があります:
(1)精査の下で事業者、利害関係者や証人を尋問し、提供するために、それらを必要とします所定の手順に従った不正競争行為に関する証拠資料またはその他の情報。
(2)書面による契約、勘定台帳、領収書、請求書、伝票、請求書、文書、記録、商談、および不正競争行為に関連するその他の資料のコンサルティングとコピー。
(3)この法律の第5条に規定されている不正競争行為に関連する財産を検査し、必要に応じて、調査中の事業者に商品の出所と数量を説明し、検査待ちの状態でそれらの販売を一時的に停止し、削除しないように命令する、それらを隠すか破壊します。

第18条不正競争行為の監督を実施し、その検査を実施する場合、監督および検査当局のメンバーは、検査の令状を提出するものとする。

第19条監督当局と検査当局が不当競争の行為の監督を実施し、検査を実施する場合、調査中の運営者、利害関係者、および証人は、関連するデータまたは情報を誠実に提供しなければならない。

第IV章 法的責任

第20条オペレーターがこの法律の規定に違反して負傷したオペレーターに損害を与えた場合、その損害を補償する責任を負うものとします。負傷した事業者が被った損失の計算が困難な場合、損害額は、侵害行為による侵害期間中に侵害者が得た利益とする。侵害者はまた、彼の合法的な権利および利益の侵害の疑いのある事業者によって行われた不当競争の行為を調査する際に、負傷した事業者によって支払われたすべての合理的な費用を負担するものとします。
負傷したオペレーターの合法的な権利と利益が不当な競争行為によって損害を受けた場合、彼は人民裁判所に訴訟を起こすことができます。

第21条オペレーターが他人の登録商標を偽ったり、許可なく他人の商号や個人名を使用したり、認証のシンボルや有名で高品質な商品のシンボルなどの品質のシンボルを偽造したり、偽って使用したりする場合、商品の出所を改ざんし、商品の品質に関して誤解を招く虚偽の表示を行う場合、商標法および中華人民共和国の製品品質法の規定に従って罰せられるものとします。
運営者が許可なく、著名商品に特有の名称、包装、装飾を使用したり、著名商品と同様の名称、包装、装飾を使用したりして、他の公知品と混同する場合人、買い手がそれらをよく知られている商品と間違える原因となる場合、関連する監督および検査当局は彼に違反を停止し、違法な収入を没収し、状況によっては2倍以上、以下の罰金を科す場合があります違法所得の3倍; 状況が深刻な場合、当該当局は彼の営業許可を取り消す場合があります。事業者が模倣品または品質の劣る商品を販売し、犯罪を構成する場合、その犯罪者の責任は法律に従って調査されるものとします。

第22条事業者が金銭、贈答品またはその他の手段を使用して商品を売買することにより贈収賄を行い、犯罪を構成する場合、彼の刑事責任は法律に従って調査されるものとします。行為が犯罪を構成しない場合、関連する監督および検査機関は、状況に応じて、10,000元(RMB)を超え、200,000元(RMB)未満の罰金を課すことがあります。彼の違法な収入は、もしあれば没収される。

第23条公営企業または法律に基づく独占的地位を有するその他の事業者が、他の事業者が公正に競争することを排除するために、他の事業者が指定した事業者の商品を購入することを制限している場合、州レベルの監督当局または検査当局は、区に区切られた市区町村は違法行為を阻止するよう命令し、場合によっては5万元(RMB)以上、20万元(RMB)以下の罰金を科すことができる。指定された事業者が、買い手に劣るが高額の商品を引き出すための取り決めを利用したり、法外な料金を課したりする場合、監督および検査当局は、違法な収入を没収し、状況に応じて、

第24条事業者が広告またはその他の手段を使用して商品に虚偽の誤解を招く宣伝を行う場合、関連する監督および検査機関は、違法行為から遠ざけ、悪影響を払いのけ、状況によっては課すことができる10,000元(RMB)以上200,000元(RMB)未満の罰金。
広告オペレーターが明らかに気づいている、または気づいているべきである虚偽の表現を含む広告の代理人、またはデザイン、制作、リリースを行う場合、関連する監督当局は、違法行為を阻止し、違法なものを没収するように命令するものとします。収入、そして法律に従って彼に罰金を課す。

第25条いずれかの当事者がこの法律の第10条の規定に違反して他人の企業秘密を侵害している場合、関連する監督当局は、違法行為からの脱却を命じ、場合によっては彼に課すことができる。 10,000元(RMB)以上200,000元(RMB)未満の罰金。

第26条オペレーターがこの法律の第13条の規定に違反して賞品を添付して販売を行う場合、関連する監督当局は、違法行為からの脱却を命じ、状況に応じて罰金を科すことができる10,000元(RMB)以上、100,000元(RMB)未満。

第27条入札者同士が共謀して入札価格を上下させるために入札を提出する場合、または入札者が入札者に入札者を招いて入札者に競争相手の公正な競争を排除するよう呼びかける場合、彼の落札は無効となります。監督当局および検査当局は、状況に応じて、10,000元(RMB)から200,000元(RMB)未満の罰金を課すことがあります。

第28条事業者が不当競争の行為に関連する財産を一時的に販売を停止し、削除、隠蔽、または破壊しない命令に違反して行為を行った場合、関連する監督および検査当局は、状況に応じて、彼は、売却、撤去、隠蔽、または破壊された資産の価格の2倍以上3倍未満の罰金を科しました。

第29条当事者は、関連する監督当局による処罰の決定に不満がある場合、処罰に関する決定の受領日から15日以内に、次の最高レベルの所管官庁に申請することができる。再検討のため; 当事者は、再審議後に下された決定に不満がある場合、再審理後になされた書面による決定の受領日から15日以内に、人民法廷に訴訟を起こすことができる。当事者はまた、人民法院に直接訴訟を起こすこともできる。

第30条政府とその下位部門が、この法律の第7条の規定に反して、他者が指定した事業者の商品を購入することを制限したり、他の事業者の正当な事業活動を制限したり、通常のフローを制限したりする場合地域間の物品については、上級当局が状況を修正するように命令するものとします。状況が深刻な場合、同じレベルまたは次に高いレベルの所管官庁は、直接の責任者に懲戒処分を課すものとします。指定された事業者は、この取り決めを利用して、バイヤーに劣るが高額の商品を提供したり、法外な料金を請求したりする場合、監督当局および検査当局は、違法な収入を没収し、状況に応じて、

第31条不当競争の行為の監督と検査を担当する国家機関の職員がその権限を乱用し、その義務を怠った場合、犯罪を構成し、彼の刑事責任は法律に従って調査されなければならない。その行為が犯罪を構成しない場合、彼は懲戒処分の対象となる。

第32条不当競争行為の監督と監督を担当する国家機関の職員が個人的な配慮から違法に違法行為を行っている場合、意図的にオペレーターを隠蔽し、起訴を回避させ、明らかに条項に違反したことを知っている犯罪を構成するこの法律の、当該職員の刑事責任は法律に従って調査されるものとします。

第V章補足条項

33条。この法律は、1993年12月1日から施行される。
©2016 BEIJING ZBSD PATENT & TRADEMARK AGENT LTD. 版权所有 京ICP备19005620号  网站建设:君策科技