レイアウトの保護に関する規制-集積回路の設計

发表时间:2020-06-02    浏览次数:850

(2001年4月に中華人民共和国国務院令第300によって公布、2001年3月28日に国務院の第36回エグゼクティブミーティングで採択され、2001年10月1日の日付のとして有効)

章I一般規定

第1条。これらの規則は、集積回路のレイアウト設計の独占権を保護し、集積回路技術の革新を奨励し、科学技術の発展を促進するために制定されました。

第2条これらの規制の目的のため: 
(1)「集積回路」とは、半導体集積回路、つまり中間または最終形態の製品を意味します。
チップとして半導体材料を使用し、その中および/またはその上に、少なくとも1つがアクティブな要素である2つ以上の要素、および一部またはすべての相互接続が一体的に形成され、特定の電子機能を実行することを目的とするもの; 
(2)「集積回路のレイアウト設計」(以下、レイアウト設計と呼ぶ)とは、少なくとも1つがアクティブな要素である2つ以上の要素、および相互接続の一部または全部の3次元配置を意味する。集積回路、または集積回路の製造のために準備されたそのような三次元配置の。 
(3)「レイアウト設計の権利の保有者」とは、本規則に従って、自然人、法人、またはその他の組織を意味します。
(4)「複製」とは、レイアウト設計を複製する行為、またはレイアウト設計を組み込んだ集積回路を複製する行為を意味します。
(5)「商業的利用」とは、保護されたレイアウト設計、そのようなレイアウト設計を組み込んだ集積回路、またはそのような集積回路を組み込んだ物品を商業目的で輸入、販売、またはその他の方法で配布する行為を意味します。

第3条:中国の自然人、法人、またはその他の組織によって作成されたレイアウト設計は、これらの規則に従ってレイアウト設計の独占権の対象となります。
外国人によって作成されたレイアウトデザインは、中華人民共和国の領土で最初に商業的に利用される場合、これらの規則に従ってレイアウトデザインの独占権の対象となります。
外国人が作成したレイアウト設計は、外国人が属する国が中国とレイアウト設計またはその両方の国を保護するための協定を締結している場合、これらの規則に従ってレイアウト設計の独占的権利の対象となります。外国人は所属し、中国はレイアウト設計の保護に関する国際条約の当事者です。

第4条保護されるべきレイアウト設計は、レイアウト設計が作成者自身の知的努力の結果であり、レイアウト設計の作成者と集積回路の製造業者の間で一般的ではないという意味で、オリジナルでなければならない。その作成の時。保護されるレイアウト設計がいくつかのありふれたレイアウト設計で構成されている場合、これらのレイアウト設計の全体としての組み合わせは、前の段落で言及された要件に準拠している必要があります。

第5条これらの規則に基づくレイアウト設計の保護は、アイデア、手順、操作方法、または数学的概念自体には及ばないものとします。

第6条国務院の知的財産管理部門は、これらの規則に従ったレイアウト設計の独占権に関連する管理業務を担当する。

第二章 レイアウト設計の独占権

第7条レイアウト設計の権利の保有者は、次の独占権を享受するものとします。
(1)保護されたレイアウト設計の全体またはその一部を独創性の要件に準拠して複製すること。
(2)保護されたレイアウト設計、保護されたレイアウト設計を組み込んだ集積回路、またはそのような集積回路を組み込んだ物品を商業的に利用する。

第8条レイアウト設計の独占権は、国務院の知的財産管理部門に登録された後に取得される。未登録のレイアウト設計は、これらの規則で保護されません。

第9条レイアウト設計の独占権は、これらの規則で別途規定されている場合を除き、その作成者に帰属するものとします。意匠に従ってレイアウト設計が作成され、そのようなレイアウト設計に対して責任を負う法人または他の組織の責任の下で、その法人または他の組織が作成者となる。レイアウトデザインが自然人によって作成された場合、その人が作成者になります。

第10条レイアウト設計が2人以上の自然人、法人、または他の組織によって共同で作成された場合、独占権の所有権は共同作成者によって合意されるものとします。そのような合意がない場合、または合意が明確でない場合、独占権は共同で作成者が所有するものとします。

第11条委員会の実行中にレイアウト設計が作成される場合、独占権の所有権は、委託した人と委託された人との間で合意されるものとします。そのような合意がない場合、または合意が明確でない場合、独占権は委託される人物が所有するものとします。

第12条レイアウト設計の排他的権利の保護期間は、登録申請日から、または世界で初めて商業的に利用された日から、いずれか早い方の満了日から10年とする。ただし、登録されているか、商業的に利用されているかにかかわらず、レイアウト設計は、作成の完了日から15年後にこれらの規則の下で保護されなくなります。

第13条レイアウト設計の独占権が自然人に属する場合、独占権は、自然人の死亡後、本規則に規定されている保護期間内に、承継法。
レイアウト設計の独占権が法人またはその他の組織に属している場合、独占権は、法人またはその他の組織が再編成されるか存在しなくなると、これらの規則で規定されている保護期間内に所有されるものとします。その権利と義務を継承する法人または他の組織による; そのような法的人物または他の組織がその権利および義務を引き継ぐことができない場合、レイアウト設計はパブリックドメインに入ります。

第III章 レイアウト設計の登録

第14条国務院の知的財産管理部門は、レイアウト設計の登録を担当し、レイアウト設計登録の申請を受け取ります。

第15条登録が適用されるレイアウト設計が、国家の安全またはその他の重要な利益に関連し、秘密を保持する必要がある場合、申請は、国家の関連規定に従って処理されるものとします。

第16条レイアウト設計登録申請書を提出する場合は、次のものを提出すること。
(1)レイアウト設計登録申請書。 
(2)レイアウト設計のコピーまたは図面。
(3)レイアウト設計が商用利用されている場合、レイアウト設計を組み込んだ集積回路のサンプル。
(4)国務院の知的財産管理部門が必要とするその他の資料。

第17条レイアウト設計は、その登録の申請が国務院の知的財産管理部門に、世界で最初に商業的に利用された日から2年以内に提出されなかった場合、もはや登録されない。国務院の知的財産管理部門によって。

第18条レイアウト設計の登録申請の予備審査の結果、申請を却下する理由がないことが判明した場合は、国務院の知的財産管理部門がこれを登録し、登録証明書を発行し、それを発表しなさい。

第19条レイアウト設計登録申請者は、国務院の知的財産管理部門がその登録申請を拒否した決定に不満がある場合、その受領日から3か月以内に、通知、国務院の知的財産管理部門に再審査を要請する。国務院の知的財産管理部門は、再審査後、決定を行い、レイアウト設計登録を申請者に通知しなければならない。レイアウト設計登録の申請者が国務院の知的財産管理部門の再審査の決定にまだ満足していない場合、それまたは彼は、通知の受領日から3か月以内に、

第20条レイアウト設計の登録後、国務院の知的財産管理部門は、登録がこれらの規則の規定に準拠していないと判断した場合、登録を取り消し、所有者にレイアウト設計とそれを発表します。レイアウト設計の権利の保有者が、国務院の知的財産管理部門のレイアウト設計の登録を取り消す決定に満足していない場合、通知を受け取ってから3か月以内に、人民法廷での訴訟。

第21条レイアウト設計登録の発表までは、国務院の知的財産管理部の職員はその内容を秘密にする義務がある。

第IV章レイアウトデザインの独占権の行使第22条レイアウトデザイン

の権利の保有者は、その独占権を割り当てるか、そのレイアウトデザインを利用するためのライセンスを他の人に与えることができます。
レイアウト設計の独占権が付与される場合、関係者は書面による契約を締結し、それを国務院の知的財産管理部門に登録するものとします。国務院の知的財産管理部門が登録を発表するものとする。レイアウト設計の独占権の譲渡は、登録日より有効となります。
レイアウト設計を利用するライセンスが他者に与えられた場合、当事者は書面による契約を締結するものとします。

第23条次の行為は、レイアウト設計の権利の所有者の許可なしに、および報酬の支払いなしに行うことができる。
(1)保護されたレイアウト設計を、私的目的または評価、分析、研究、教育の唯一の目的のために複製すること。
(2)前項で言及された保護レイアウト設計の評価または分析に基づいて、独創性のあるレイアウト設計を作成すること。
(3)他人のレイアウト設計と同一であるが、自分で独自に作成したレイアウト設計を複製または商業的に利用すること。

第24条保護されたレイアウト設計、そのようなレイアウト設計を組み込んだ集積回路、またはそのような集積回路を組み込んだ製品が、レイアウト権の保有者によって、またはその所有者の同意を得て市場に出された場合設計では、誰もがレイアウト設計の権利の所有者の承認も報酬の支払いもなしに、商業目的でそれを利用することができます。

第25条国家緊急事態の場合、または異常事態の場合、または公共の利益のために、または法廷で不当競争を防止するために人民法院または監督監督局が法律に従って決定した場合レイアウト設計の権利の所有者の側で不当な競争があり、救済策を講じる必要がある場合、国務院の知的財産管理部門がレイアウト設計を活用する非自発的ライセンスを付与する場合があります。

第26条レイアウト設計を利用する非自発的ライセンスを付与する国務院の知的財産管理部門によって下された決定は、レイアウト設計の権利の保有者に速やかに通知されなければならない。レイアウト設計を活用する非自発的ライセンスを付与する決定では、付与の正当化の理由に基づいて、活用の範囲と期間を指定するものとします。範囲は、公共目的のための非営利的な使用に限定されるか、または不当な競争に対する人民裁判所または監督および検査部門によって法律に従って決定されたレイアウト設計の権利の所有者の行為を1つに是正するものとします。不公正な競争の。
そのような非自発的ライセンスにつながった状況が存在しなくなり、再発する可能性が低い場合、国務院の知的財産管理部門は、レイアウト設計の権利の所有者の要求を検討した後、決定を下すものとする非自発的ライセンスを終了します。

第27条レイアウト設計を利用する非自発的ライセンスを付与された自然人、法人、またはその他の組織は、それを利用する独占的な権利を有してはならず、他の人物による利用を許可する権利を有してはならない。

第28条非自発的ライセンスを付与された自然人、法人、またはその他の組織は、レイアウト設計の権利の所有者に合理的な報酬を支払うものとし、その金額は双方の協議により決定されるものとします。当事者が合意に達しない場合、国務院の知的財産管理部門が裁定を下すものとし
ます。
第29条レイアウト設計の権利の保有者が、レイアウト設計を利用する非自発的ライセンスを付与する国務院の知的財産管理部門の決定に満足していない場合、またはレイアウト設計、または非自発的ライセンスを付与された自然人、法人、またはその他の組織は、国務院の知的財産管理部門による、搾取の対価として支払われる報酬に関する決定に満足していない場合、 、通知の受領日から3か月以内に、人民法院に訴訟を起こしてください。

第5章法的責任

第30条これらの規則に別段の定めがある場合を除き、レイアウト設計の権利の所有者の許可を得ずに次の行為を行った場合、その行為を直ちに停止し、損害を補償する責任を負わなければならない: 
(1)独創性の要件に準拠する保護レイアウト設計の全体または一部を複製する。 
(2)保護されたレイアウト設計、そのようなレイアウト設計を組み込んだ集積回路、またはそのような集積回路を組み込んだ物品を輸入、販売、または商業目的で流通させること。
レイアウト設計の独占権の侵害により生じた損害の補償額は、侵害により侵害者が得た利益または権利が侵害された者が被った損失であり、これには、侵害を阻止する目的で侵害者。

第31条レイアウト設計の権利の保有者の許可を得ずにレイアウト設計を利用した結果、すなわち、レイアウト設計の独占権が侵害された結果として紛争が生じた場合は、解決するものとする。関係者による協議を通じて。当事者が互いに協議する意思がない場合、または協議が失敗した場合、レイアウト設計の権利の所有者または関係者は、人民法院に訴訟を起こすか、または国家の知的財産管理部門に請求することができます。問題を処理するための評議会。問題を処理する国務院の知的財産管理部門が侵害が確立されたと見なすと、侵害者に侵害行為を直ちに停止するよう命令することができます、侵害している製品または記事を没収または破棄する。関係当事者が決定に不満がある場合、通知の受領日から15日以内に、中華人民共和国の行政手続法に従って、人民法院に訴訟を起こすことができます。上記の期限内に、侵害者が法的手続きを開始せず、侵害行為の停止を拒否した場合、国務院の知的財産管理部門は、強制執行のために人民法院に申請することができます。国務院の知的財産管理部門は、当事者の要請に応じて、レイアウト設計の独占権の侵害により生じた損害の補償額を調停することができます。調停が失敗した場合、

第32条レイアウト設計の権利保有者または利害関係者が、他の人が侵害している、または間もなくその独占的権利を侵害していることを証明する証拠があり、かかる侵害行為が時間内にチェックされない、または防止されていない場合、その合法的な権利に取り返しのつかない害を及ぼす可能性があり、法的手続きが始まる前に、関連法の停止と財産の保護を命じる措置を採用するよう人民法院に要求することができます。

第33条。違法に複製されたレイアウト設計を組み込んだ集積回路、または違法に複製されたレイアウト設計を組み込んだ集積回路を組み込んだ物品を商業的に利用する場合、および当該集積回路または物品の入手時、その人は、その集積回路に違法に複製されたレイアウト設計が組み込まれているか、またはその物品に違法に複製されたレイアウト設計が組み込まれた集積回路が組み込まれているか、そのような集積回路または物品の商業的利用であることを知り、知る正当な根拠がなかったその人は、レイアウト設計の権利を侵害していると見なされないものとします。 
集積回路または物品に違法に複製されたレイアウト設計が組み込まれていることが通知された後、前項で言及された者は、レイアウト設計の権利の所有者に合理的な報酬を支払うことを条件として、手持ちの在庫を商業的に活用するか、通知の前に注文しました。

第34条国務院の知的財産管理部門の職員が、レイアウト設計管理の仕事において、職務を怠ったり、権限を悪用したり、個人的な利益のために、または詐欺的な手段によって違法を犯したりした場合、刑事責任について調査しなければならない。犯罪を構成する場合、法律に従って、事件が犯罪を構成するほど深刻ではない場合、彼は法律に従って行政処分を与えられる。

第6章補足規定

第35条レイアウト設計登録を申請し、その他の手続きを行う場合、規定に従って料金を支払うものとする。料金の基準は、国務院の価格管理部門と国務院の知的財産管理部門が定め、国務院の知的財産管理部門が発表する。

第36条これらの規則は、2001年10月1日から施行される。
©2016 BEIJING ZBSD PATENT & TRADEMARK AGENT LTD. 版权所有 京ICP备19005620号  网站建设:君策科技