中華人民共和国の著作権法

发表时间:2020-06-02    浏览次数:453

(1990年9月7日の第7回全国人民代表大会の第15回常任委員会で採択され、第24回常任委員会で採択された中華人民共和国の著作権法の改正に関する決定に従って改訂2001年10月27日に開催される第9回全国人民代表大会。)
第l章総則

第1条この法律は、憲法に従い、文学的、芸術的、科学的著作物における著作者の著作権および著作権関連の権利と利益を保護する目的で制定され、貢献する作品の作成および普及を奨励する。社会主義の精神的および物質的な文明の構築に、そして社会主義の文化と科学の発展と繁栄を促進することに。

第2条中国市民、法人、その他の組織の著作物は、公開されているかどうかにかかわらず、この法律に従って著作権を享受するものとします。

外国人が居住している国または常居所を有する国との間で締結された協定、または両国が加盟している国際条約の下で締結された契約に基づき著作権を享受できる外国人または無国籍者の作品は、この法律に従って保護されています。

中華人民共和国の領土で最初に公開された外国人または無国籍者の作品は、この法律に従って著作権を享受するものとします。

中国との協定を締結していない国に属する外国人、または中国との国際条約の当事者ではない、または中国との国際条約の当事者である国で最初に発行された無国籍者の作品、またはそのような加盟国または非加盟国では、この法律に従って保護されるものとします。

第3条この法律の目的上、「作品」という用語には、文学、芸術、自然科学、社会科学、工学技術などの作品が含まれ、次の形式で表され

ます。

(2)口頭作業;

(3)音楽的、劇的、奇抜、振付、およびアクロバティックな作品。

(4)美術品と建築の作品。

(5)photograPh1cは機能します。

(6)映画作品および類似のフィルム制作方法によって作成された作品。

(7)エンジニアリング設計および製品設計の図面。地図、スケッチ、その他のグラフィック作品やモデル作品。

(8)コンピュータソフトウェア。

(9)法律および行政規則で規定されているその他の作業。

第4条公開または配布が法律で禁止されている作品は、この法律で保護されないものとします。

著作権者は、著作権を行使する際に、憲法や法律に違反したり、公共の利益を害したりしてはなりません。

第5条この法律は、以下には適用されません。

(l)法律; 規則; 国家機関の決議、決定および命令; 立法上、行政上または司法上のその他の文書; そしてそれらの公式翻訳;

(2)時事に関するニュース。及び

(3)カレンダー、数値テーブルと一般的な使用形態、および式。

第6条民間伝承の表現における著作権の保護に関する規則は、国務院が別途定めるものとする。

第7条国務院の著作権管理部門は、全国的な著作権管理に責任を負う。中央政府直下の各州、自治区、および自治体の人民政府の著作権管理部門は、その行政地域における著作権の管理に責任を負うものとします。

第8条著作権所有者および著作権関連の権利所有者は、組織に著作権の集合的管理を許可し、著作権または著作権関連の権利を行使することができます。認可後、著作権の集合的管理のための組織は、それ自体の名前で、著作権所有者および著作権関連の権利所有者に権利を主張し、利害関係者として、著作権または著作権に関連する訴訟または仲裁に参加することができます関連する権利。

著作権の一括管理のための組織は非営利組織です。設立の方法、権利と義務、著作権使用許諾の使用料の徴収と分配、およびその監督と管理に関する規定は、国務院が別途定めるものとします。

第II章著作権

セクション1著作権所有者とその管理者

第9条「著作権所有者」には、次のものが含まれます。

(1)著者。

(2)この法律に従って著作権を享受する他の市民、法人および他の組織。

第10条「著作権」には、以下の人格権および財産権が含まれるものとする。

(l)出版権、すなわち、作品を一般に公開するかどうかを決定する権利。

(2)作者の権利、つまり作者を主張し、その作品に関連して作者の名前を述べる権利。

(3)変更の権利、つまり、他人の作業を変更するか、他の人に変更または許可する権利。

(4)完全性の権利、つまり、仕事をゆがみや切断から保護する権利。

(5)複製の権利、つまり、印刷、コピー、リソグラフ、録音またはビデオの録音、録音の複製、写真作品の複製またはその他の方法により、作品の1つ以上のコピーを作成する権利手段;

(6)頒布の権利、つまり、販売またはその他の所有権の譲渡を通じて作品のオリジナルまたは複製を公に利用可能にする権利。

(7)レンタルの権利、つまり、支払いにより、映画作品を一時的に使用することを許可する権利、類似の映画制作方法によって作成された作品、およびコンピュータソフトウェア。ただし、レンタルの主な内容;

(8)展覧会の権利、つまり美術および写真の作品のオリジナルまたは複製を公に展示する権利。

(9)パフォーマンスの権利、つまり、作品を公に実行し、作品のパフォーマンスをさまざまな方法で公に放送する権利。

(10)美術、写真、映画、およびフィルムプロジェクター、オーバーヘッドプロジェクター、またはその他の技術によるフィルム制作の類似の方法で作成された作品の作品を公開する権利、つまり作品を一般に公開する権利デバイス;

(11)放送の権利、すなわち、作品を無線手段により公に放送または公衆に伝達する権利、有線または中継手段により公衆に放送作品を伝達する権利、および放送作品を公衆に伝達する権利スピーカー、または記号、音、または画像を送信するために使用されるその他の類似のツールによるもの。

(12)ネットワーク上の情報の通信の権利、つまり、公共の構成員が場所から一度にこれらの作品にアクセスできるように、有線または無線の手段で作品を一般に伝達する権利それらによって個別に選択された;

(13)映画作品を作成する権利、つまり、映画制作または類似の映画制作方法によって作品をキャリアに固定する権利。

(14)適応の権利、つまり、独創性のある新しい作品を作成するために作品を変更する権利。

(15)翻訳の権利、つまり、ある言語の作品を別の言語の作品に翻訳する権利。

(16)編集の権利、すなわち、作品または作品の一部を、選択または配置の理由により新しい作品に編集する権利。そして、

(17)著作権者が楽しむ権利があるその他の権利。

著作権所有者は、前項(5)から(17)に基づく権利を行使することを他の人に許可し、合意または本法に従って報酬を受け取ることができます。

著作権所有者は、前項(5)?(17)に基づく権利の一部または全体を譲渡し、契約または本法に従って報酬を受け取ることができます。

セクション2著作権の所有権

第11条この法律に別段の定めがある場合を除き、作品の著作権はその作者に帰属します。

作品の著者は、作品を作成した市民です。

作品が法人または他の組織の意図および監督および責任の下で作成された場合、そのような法人または組織は作品の著者と見なされます。

作品に関連して名前が言及されている市民、法人、またはその他の組織は、反対の証拠がない限り、作品の著者とみなされます。

第12条作品が既存の作品の改変、翻訳、注釈、または配置によって作成された場合、そのように作成された作品の著作権は、アダプター、翻訳者、注釈者、またはアレンジャーが享受するものとします。オリジナル作品の著作権。

第13条作品が2人以上の共著者によって共同で作成された場合、作品の著作権はそれらの共著者によって共同で享受されるものとします。作品の作成に参加していない人は共著を主張できません。

共同執筆者の作品を独立した部分に分けて個別に利用できる場合、各共著者は、作成した部分の独立した著作権を享受することができます。全体として。

第14条複数の作品、作品の一部、作品またはその他の資料を構成しないデータを編集し、その内容の選択または配置に独創性を有する作品は、編集作品です。コンパイルされた作品の著作権は、その著作権の行使が既存の作品の著作権を害してはならないことを条件として、編集者が享受するものとします。

第15条映画作品および類似のfl1m制作方法で作成された作品の著作権は、作品のプロデューサーが享受するものとしますが、脚本家、監督、カメラマン、作詞家、作曲家、およびその他の著作者は、作品の著作者であり、プロデューサーと締結した契約に従って報酬を受け取る権利があります。

脚本、音楽作品、および映画作品に組み込まれ、類似の映画制作方法によって作成され、個別に利用できる作品の作者は、独立して著作権を行使することができます。

第16条法人またはその他の組織によって割り当てられた職務の遂行において市民が作成した作品は、雇用の過程で作成された作品とみなされる。そのような著作物の著作権は、法人または他の組織がその専門的活動の範囲内で著作物を利用する優先権を有することを条件として、この条の第2段落の規定に従って、著者が享受するものとします。作品の完成後2年間、著者は、法人または他の組織の同意なしに、法人または他の組織が行うのと同じ方法で第三者が作品を利用することを許可してはなりません。

次のいずれかの場合、雇用の過程で作成された作品の作者は著作権の権利を享受し、法人または他の組織は著作権に含まれる他の権利を享受し、作者に報酬を与えることができます:

(1)図面主に法人または他の組織の資料および技術的リソースを使用し、その責任の下で雇用の過程で作成されたエンジニアリング設計および製品設計およびマップ、コンピューターソフトウェアおよびその他の作品の;

(2)著作権が法律、行政規制、または契約に従って、法人または他の組織が享受している雇用の過程で作成された作品。

第17条委託された作品の著作権の所有権は、委託と委託された当事者との間の契約で合意されるものとします。契約がない場合、または契約に明示的な合意がない場合、そのような作品の著作権は委託された当事者に帰属します。

第18条美術品またはその他の作品のオリジナルコピーの所有権の譲渡は、美術品のオリジナルコピーを展示する権利を条件として、そのような作品に著作権の譲渡を含むとみなされないものとします。アートは、そのようなオリジナルコピーの所有者が楽しむものとします。

第19条作品の著作権が市民に属する場合、作品に関するこの法律の第10条第5項から(17)項に基づく搾取の権利および権利は、彼の死亡後、期間中、この法律で規定されている保護措置は、相続法の規定に従って譲渡されます。

作品の著作権が法人または他の組織に属している場合、この法律の第10条第5項から(l7)に基づく権利は、法人のステータスの変更または終了後、または他の組織は、この法律で規定された保護期間中に、前者の権利と義務を引き継いだ後継法人または他の組織が享受します。または、そのような後継者または他の組織がない場合は、国が享受します。 。

セクション3権利に関する

保護期間20作者の著作権、変更、および完全性の権利は、時間的に無制限であるものとします。

第21条市民の著作物に関する本法の第10条第5項から(17)項で言及されている出版権および権利の保護期間は、著者の存続期間および50年とする。彼の死後、作者の死後50年目の12月31日に期限が切れます。共著者の作品の場合、そのような期間は、最後に生き残った著者の死後、50年目の12月31日に終了します。

著作権が法人または他の組織に帰属する著作物、または著作権に関する著作物に関する著作権の第10条第5項から第17項に規定されている出版権および権利の保護期間法的エンティティまたは他の組織が著作権(著作権を除く)を享受する雇用の過程で作成された作品は、50年であり、そのような作品の最初の公開から50年目の12月31日で失効するものとします。作成の完了後t1tty年以内に公開されていないそのような作品は、この法律で保護されなくなります。

出版権の保護期間または出版権の保護期間または

映画作品に関するこの法律の第10条第5項から(17)項で言及されている権利、映画制作の類似の方法によって作成された作品または写真作品は50年であり、期限が切れますただし、そのような作品の最初の公開から50年目の12月3日。ただし、作成の完了後50年以内に公開されなかった作品は、この法律で保護されなくなります。

セクション4権利の制限

第22条次の場合、著作権者からの許可なしに、また報酬の支払いなしに、著作者の名前と作品のタイトルが言及され、その他の権利がこの法律に基づく著作権所有者は、先入観を持たないものとします。

(l)ユーザー自身の私的な研究、研究、または自己娯楽の目的で公開された作品の使用。

(2)作品の紹介またはコメント、またはポイントのデモンストレーションを目的とした、自分の作品における公開作品からの適切な引用。

(3)時事問題を報告する目的で、新聞、定期刊行物、ラジオ局、テレビ局、またはその他のメディアで公開された作品の、不可避の理由による再利用または引用。

(4)新聞、定期刊行物、またはラジオ局、テレビ局、またはその他のメディアによる、他の新聞、定期刊行物、または他のラジオ局、テレビによる放送、政治、経済または宗教に関する最新の問題に関する記事の再放送ステーションまたはその他のメディア(著者が転載および再放送が許可されていないことを宣言した場合を除く)。

(5)公開や放送が許可されていないことを著者が宣言した場合を除き、新聞や定期刊行物、またはラジオ局、テレビ局、その他のメディアによる放送での公開集会での演説の放送。

(6)翻訳または複製が公開または頒布されないことを条件として、教室の教育または科学研究において教師または科学研究者が使用するために公開された作品の翻訳または少量のコピーでの複製。

(7)公的職務を遂行する目的で、州機関による適切な範囲内での公開された著作物の使用。

(8)作品の展示または複製物の保存を目的とした、図書館、アーカイブ、記念館、博物館、美術館、または類似の機関によるコレクション内の作品の複製。

(9)公開された作品の無料ライブパフォーマンス。このパフォーマンスは、一般のメンバーから料金を徴収することも、出演者に報酬を支払うこともありません。

(10)屋外の公共の場所にある、または展示されている芸術作品の複製、描画、写真撮影、またはビデオ録画。

(11)中国市民、法人、またはその他の組織の出版物を漢語から少数民族の言語に翻訳し、国内で出版および頒布すること。及び

(12)点字に公開された仕事の音訳など音訳作業の出版。

上記の権利の制限は、出版社、出演者、サウンドレコーディングおよびビデオレコーディングのプロデューサー、ラジオ局、テレビ局の権利にも適用されます。

第23条9年間の義務教育と国家教育プログラムを実施するための教科書を編集および発行する場合、発行済み作品の一部、短編作品、音楽作品、または絵画作品や写真作品のコピー1部を許可なしに教科書に編集することができる作者がその使用を事前に宣言していない場合を除き、作者から、規定に従って支払われた報酬、作者の名前、作品のタイトルが示され、著作権者が享受する他の権利を損なうことなくこの法律によると。

上記の権利の制限は、出版社、出演者、サウンドレコーディングおよびビデオレコーディングのプロデューサー、ラジオ局、テレビ局の権利にも適用されます。

第11章著作権使用許諾および譲渡契約

第24条この法律の規定に従い、許可は不要であり、他者が作成した作品を利用する者は、著作権所有者と契約を締結するか、著作権所有者から許可を得るものとします。

ライセンス契約には、次の基本条項が含まれるものとします。

(l)ライセンスの対象となる作品の利用についてライセンスされる権利のカテゴリー。

(2)ライセンスの対象となる著作物を利用する権利の独占的または非独占的な性質。

(3)ライセンスの地理的領域と期間。

(4)報酬の基準と支払い方法。

(5)契約違反の場合の責任。そして

(6)その他、締約国が必要と認める事項。

第25条この法律の第10条第5項から第17項に言及されている権利の譲渡は、書面による契約の締結を必要とする。

譲渡契約には、次の基本条項が含まれます。

(1)作品のタイトル。

(2)割り当てられた権利のカテゴリおよび地理的領域。

(3)割り当て価格。

(4)譲渡価格の日付と支払い方法。

(5)契約違反に対する責任。そして、

(6)その他の事項は、締約国は、必要に応じて検討すること。

第26条相手方は、著作権者の許可なく、著作権者が明示的に許諾または許諾?譲渡契約を交わしていない権利を行使してはならない。

第27条作品の利用に対する報酬の基準は、利害関係者によって定められるか、または関係する他の部門と協力して国務院の著作権管理部門によって確立された基準に従って支払われる。利害関係者が明示的に修正していない場合、国務院の著作権管理部門が他の関係部門と協力して確立した基準に従って報酬を支払うこともできます。

第28条パブリッシャー、パフォーマー、サウンドレコーディングおよびビデオレコーディングのプロデューサー、ラジオ局、テレビ局、およびこの法律の関連規定に従って他者の著作権を利用する権利を取得した、または取得した他の団体は、著者の著者権、変更または整合性の権利、または報酬に対する彼らの権利。

第IV章出版、パフォーマンス、
録音、ビデオ録画、放送

セクション1書籍、新聞、定期刊行物の

発行第29条本を出版する出版社は、著作権者と出版契約を結び、報酬を支払うものとします。

第30条本の出版社は、著作権所有者から出版物として彼に提供された作品を出版する独占的な権利を有するものとします。契約で指定された書籍出版社が享受する作品を出版する独占権は法律で保護されるものとし、その作品は他者が出版することはできません。

第31条著作権者は、契約書に定められた期間内に作品を納品するものとします。書籍の出版社は、品質要件に従って、契約で指定された期間内に作品を出版するものとします。

本の出版社は、契約で指定された期間内に作品を出版しなかった場合、この法律の第53条に指定された民事責任を負うものとします。

書籍の出版社は、著作物を再印刷または再出版する場合、著作権所有者に通知し、報酬を支払うものとします。書籍の在庫がなくなったときに出版社が作品の再印刷または再出版を拒否した場合、著作権者はコントラストを終了する権利を有します。

第32条著作権者が自分の作品の原稿を新聞または定期刊行物出版社に提出し、出版日から数えて15日以内または定期刊行物発行者から30日以内に受領していない場合原稿、著作者が作品を公開する決定の通知、著作権所有者は、2つの当事者が別段の合意をしない限り、同じ作品の原稿を別の新聞社または定期的な出版社に提出して公開することができます。

著作権所有者が転載または抜粋が許可されていないことを宣言した場合を除き、他の新聞または定期刊行物の発行者は、新聞または定期刊行物による作品の出版後に、その作品を再掲載するか、要約を印刷するか、参考資料として印刷することができます。ただし、そのような他の発行者は、規制で規定されているように著作権所有者に報酬を支払うものとします。

第33条本の出版社は、著作権者の許可を得て、作品を改変または要約することができます。

新聞または定期刊行物の出版社は、作品に編集上の変更や要約を加えることができますが、著者の許可を得ない限り、作品の内容に変更を加えてはなりません。

第34条既存の作品の改変、翻訳、注釈、配置または編集によって作成された作品を出版する場合、出版者は、改変、翻訳によって作成された作品の著作権の所有者から許可を得て報酬を支払うものとします。元の作品の注釈、配置または編集、および著作権の所有者。

第35条出版社は、他の人に、彼が出版した書籍または定期刊行物の印刷上の取り決めを使用することを許可または禁止する権利を有します。

前項で規定された権利の保護期間は10年間とし、印刷上の取り決めを使用した書籍または定期刊行物の最初の発行後、10年目の12月3日に失効します。

セクション2パフォーマンス

第36条演奏者(個人の演奏者または演奏者)は、他人が作成した作品を演奏する場合、著作権者から許可を得て、著作権者に報酬を支払うものとする。主催者は、主催者が公演を主催する場合、著作権者の許可を得て、著作権者に報酬を支払うものとします。

既存の作品の適応、翻訳、注釈、配置、または編集によって作成された作品をパフォーマンスのために利用する場合、出演者は、適応によって作成された作品の著作権の所有者から許可を得て報酬を支払うものとします。翻訳、注釈、配置、編集、およびオリジナル作品の著作権の所有者。

第37条演奏者は、その演奏に関連して、演奏

者の船を主張する権利(l)を享受する

(2)彼のパフォーマンスに固有の画像を歪みから保護するため。

(3)他の人に、その放送の生放送および公衆送信を行い、報酬を受け取る権限を与えること。

(4)サウンドレコーディングおよびビデオレコーディングを行うことを他者に許可し、それにより報酬を受け取ること。

(5)自分のパフォーマンスを組み込んだサウンドレコーディングおよびビデオレコーディングを複製または配布することを他者に許可し、それにより報酬を受け取ること。及び

(6)は、情報ネットワーク上の公衆への彼のパフォーマンスを伝達するために、従って報酬を受け取るために他の人を許可します。

前の言い換え(3)から(6)で言及された方法で作品を利用する権限を与えられた人物は、著作権所有者から許可を得て、報酬を支払うものとします。

第38条この法律の第37条第1項および第2項で規定されている権利の保護期間は、いかなる制限も受けないものとする。

本法第37条第3項から第6項までに規定されている権利の保護期間は50年であり、上演後50年目の12月31日で失効する。

セクション3サウンドレコーディングとビデオレコーディング

第39条サウンドレコーディングまたはビデオレコーディングの制作のために、他の人が作成した作品を利用し、著作権所有者から許可を得て、著作権所有者に報酬を支払う、サウンドレコーディングまたはビデオレコーディングのプロデューサー。

適応、翻訳、注釈、または既存の作品のアレンジメントによって作成された作品を利用するサウンドレコーディングまたはビデオレコーディングのプロデューサーは、適応、翻訳、注釈によって作成された作品の著作権の所有者から許可を得、報酬を支払う必要があります。または原作の著作権の所有者への配置。

他の人がサウンドレコーディングを作成するためにサウンドレコーディングに正式に作成した音楽作品を利用するサウンドレコーディングのプロデューサーは、許可を得ることはできませんが、規制によって規定されているように著作権所有者に報酬を支払うものとします。著作権所有者は、そのような悪用は許可されないと宣言しています。

第40条サウンドレコーディングまたはビデオレコーディングを制作する場合、製作者は演奏者と契約を結び、出演者に報酬を支払うものとします。

第41条サウンドレコーディングまたはビデオレコーディングのプロデューサーは、そのようなサウンドレコーディングまたはビデオレコーディングを情報ネットワーク上で再生、配布、貸与、および公衆に伝達することを他者に許可する権利と、それによって報酬を得る権利を有するものとする。このような権利の保護期間は50年であり、録音が最初に作成されてから50年目の12月3日に終了します。

サウンドレコーディングまたはビデオレコーディングを情報ネットワーク上で再生、配布、および公衆に伝達する権限を与えられた者も、規制によって提示されているように、著作権所有者および出演者から許可を得て、報酬を支払うものとします。

第4節ラジオ局またはテレビ局による放送

第42条ラジオ局またはテレビ局は、他人が作成した未発表作品を放送し、著作権者から許可を得て、著作権者に報酬を支払うものとする。

他の人が作成した公開作品を放送するラジオ局またはテレビ局は、著作権者からの許可は必要ありませんが、報酬を支払う必要があります。

第43条公開された録音を放送するラジオ局またはテレビ局は、利害関係者が別段の合意をした場合を除き、著作権所有者からの許可を必要としないが、報酬を支払うものとする。問題を処理するための具体的な手順は、国務院によって確立されるものとします。

第44条ラジオ局またはテレビ局は、ラジオ局またはテレビ局からの許可なしに以下の行為を禁止する権利を有する。

(1)放送ラジオまたはテレビ番組を再放送すること。そして、

(2)は、音声録音やビデオ録画のキャリアにその放送のラジオやテレビ番組を修正すると、録音または録画キャリアを再現します。

前項で言及された権利の保護期間は50年であり、ラジオまたはテレビ番組が最初に放送されてから50年目の12月31日で満了する。

映画作品を放送する第45条Aテレビ局、映画制作やから許可を受けなければならない別の人によって生成されたビデオグラフィックの仕事、とに支払う報酬のプロデューサーの類似した方法によって作成された作品

映画用やビデオグラフィック作業; 他人が制作した映像作品を放送する局は、著作権者の許可を得て、著作権者に報酬を支払うものとします。

第V章法的責任と執行措置

第46条以下の侵害行為のいずれかを犯した人は、侵害行為の中止、行為の影響の排除、謝罪または損害賠償の支払いなどの救済措置について民事責任を負うものとします。状況:

(1)著作権者の許可なく作品を公開すること。

(2)共著者の作品を、他の共著者の許可なしに、自分だけで作成した作品として公開すること。

(3)作品の作成に参加していない個人の名声と利益を得るために、他の人が作成した作品に関連して言及された自分の名前を持つこと。

(4)他の人が作成した作品を変形または切断すること。

(5)他人の作品を盗用する。

(6)この法律で別段の定めがない限り、著作権所有者の許可なしに、展示、映画制作、または類似の映画制作方法、または改作、翻訳、注釈、またはその他の手段によって悪用すること。

(7)規制で規定されている報酬を支払うことなく、他の人が作成した作品を利用すること。

(8)作品、サウンドレコーディングまたはビデオレコーディングを、映画作品の著作権所有者、映画制作の類似の方法、コンピュータソフトウェア、サウンドレコーディングまたはビデオレコーディング、または所有者の許可なしに貸与すること。この法律で別段の定めがない限り、著作権関連の権利。

(9)出版社の許可なしに本または定期刊行物の活版印刷の配置を利用すること。

(10)出演者の許可を得ずに、ライブで放送したり、ライブで公開したり、録音したりすること。または

(11)著作権および著作権に関連するその他の権利および利益の侵害の他の行為を行うこと。

第47条以下の侵害行為のいずれかを犯した者は、状況に応じて、侵害行為の中止、行為の影響の排除、謝罪または損害賠償などの救済措置について民事責任を負うものとし、さらに、著作権管理部門により、侵害行為の停止、行為による不法な収入の没収、侵害複製物の没収および破棄、罰金の科などの行政処分を受ける。状況が深刻な場合、著作権管理部門は、著作権を侵害する複製の作成に主に使用された資料、ツール、機器を没収することもあります。行為が犯罪を構成する場合、侵害者は彼の刑事責任について起訴されるものとします。

(1)本法に

別段の定めがない限り、著作権者の許可なしに、他者が作成した作品を情報ネットワーク上で複製、配布、実行、上映、放送、編集、または公衆に伝達すること

(2)出版の独占権が他の人に属している本を出版すること。

(3)法律に別段の定めがない限り、演奏者の許可なく、演奏の録音またはビデオ録音を複製して配布すること、または情報ネットワーク上で彼の演奏を一般に公開すること。

(4)法律に別段の定めがない限り、プロデューサーの許可なしに、他者が作成したサウンドレコーディングまたはビデオレコーディングを複製し、情報ネットワーク上で一般に公開または通信すること。

(5)本法に別段の定めがない限り、ラジオ局またはテレビ局の許可なくラジオ局またはテレビ局が作成したラジオまたはテレビ番組を放送および再生すること。

(6)著作権所有者または著作権関連の所有者の許可なしに、著作権または著作権関連の権利を保護するために著作権者が講じた技術的措置、サウンドレコーディングまたはビデオレコーディングを意図的に回避または破壊すること法律または行政規則で別段の定めがない限り、権利。

(7)法律または行政規則に別段の定めがない限り、著作権所有者または著作権関連権利の所有者の許可なしに、作品、サウンドレコーディングまたはビデオレコーディングの電子権利管理情報を意図的に削除または変更すること。

又は

(8)別の署名が偽造されたワークの製造又は販売します。

第48条著作権または著作権関連の権利が侵害された場合、侵害者は、権利者が被った実際の傷害を補償するものとする。実際の傷害を計算することが困難な場合、損害賠償は侵害者の違法な収入に基づいて支払われるものとします。損害賠償額には、侵害行為を阻止するために権利者が支払う適切な手数料も含まれるものとします。

権利者の実際の傷害または侵害者の違法な収入を決定できない場合、人民法院は、侵害行為の状況に応じて、RMB 500、00を超えない損害賠償を判断するものとします。

第49条著作権所有者または著作権関連の権利の所有者であり、他人が自分の権利を侵害している、または侵害する行為を行っていることを立証する証拠を有し、その行為が停止されない場合、彼の正当な権利および利益に回復不能な傷害を引き起こす可能性直ちに、関連法の中止を命じ、法的手続きを開始する前に財産保護のための措置を講じるために人民法院に申請することができる。

中華人民共和国民事訴訟法第93条から第96条および第99条の規定は、前項の申請を人民法院が処理する場合に適用されます。

第50条侵害行為を防止する目的で、かつ証拠が失われる可能性があるか、またはそれ以上に入手することが困難な状況下では、著作権所有者または著作権関連の権利の所有者は、開始前に証拠保全のために人民法院に申請することができる。法的手続き。

人民法院は、申請を受理してから48時間以内に判決を下さなければなりません。保存の措置は、そうすることが決定された場合、遅滞なく行われるものとする。

人民法院は、申請者に保証を提供するよう命じることができ、後者がそれを怠った場合、裁判所は申請を拒否するものとします。

人民法院が保存措置を採択してから15日以内に申請者が法的手続きを開始しなかった場合、後者は保存措置を終了するものとします。

第51条人民法院は、事件を審理して、違法な収入、著作権または著作権または著作権関連の権利の違法行為を犯すために使用された資料および著作権を侵害して没収することができる。

第52条出版または製作が許可されていることを証明できない複製の出版社または製作者、複製の配給者または映画作品の複製の貸与者、映画制作の類似の方法によって作成された作品、配布またはレンタルされた複製が合法的なソースからのものであることを証明できないコンピューターソフトウェア、サウンドレコーディングまたはビデオレコーディングは法的責任を負うものとします。

第53条契約義務を履行しない、または契約の合意された条件に適合しない方法でそれらを実行する当事者は、民法の一般原則の関連規定に従って民事責任を負うものとします。中華人民共和国、中華人民共和国の契約法、およびその他の関連する法律と規制。

第54条著作権をめぐる紛争は、調停により解決することができる。また、当事者間で締結された書面による仲裁合意または契約の仲裁条項に基づいて、著作権仲裁機関に仲裁を受けることができます。

いかなる当事者も、書面による仲裁合意がない場合、または契約に仲裁条項がない場合、人民法廷で直接訴訟を起こすことができます。

第55条行政ペナルティに満足していない当事者は、ペナルティに関する書面による決定の受領日から3か月以内に人民法院に訴訟を提起することができる。当事者が法的手続きを開始せず、期限内に決定を実施しない場合、関係する著作権管理部門は人民法院に執行を申請することができます。

第VI章補足条項

第56条この法律の目的上、「zhuzuoquan」2という用語は「banquan」2です。

本法第2条にいう第57条「公表」とは、著作物の複製および頒布をいいます。

第58条コンピュータソフトウェアの保護およびネットワーク上の情報通信の権利に関する規則は、国務院が別途定めるものとする。

第59条この法律で規定されている、著作権所有者、発行者、出演者、録音物およびビデオ録音の製作者、ラジオ局、テレビ局の権利。この法律で指定された保護期間は、その日にまだ切れていない。この法律の施行に伴い、この法律に従って保護されるものとします。

この法律が施行される前に行われた著作権の侵害および著作権関連の権利または契約違反は、法律が施行された時点で有効な関連する規制またはポリシーに基づいて対処されるものとします。

第60条この法律は、991年6月1日に施行される。

----------------------------------

1 Quyiは、バラード歌、物語、コミックなどの伝統的な芸術形式を指します対話、クラッパートーク、クロストーク。

2 Zhuzuoquanは「著者の権利」に対応しますが、文字通り「作品の権利」と解釈されます。「banquan」は「著作権」の直訳

です。
©2016 BEIJING ZBSD PATENT & TRADEMARK AGENT LTD. 版权所有 京ICP备19005620号  网站建设:君策科技